西中 怜

2014年入社 西中 怜 エンジニア職(アプリケーション)

想像以上に挑戦できる会社

入社を決めた理由は?

この会社なら挑戦できるフィールドを与えてくれると感じたからですね。
私は元々フリーターだったのですが、25歳の時にそろそろ就職して正社員にならなければいけないと思い、元々プログラミングに興味があったので、この業界で探していました。

求人サイトでキュービックソリューションズの人事担当の方のコメントに「夢を諦めてキュービックソリューションズに入社して~」というような内容にとても共感し、「ここなら挑戦できる。自身も成長できる。」と思って、入社いたしました。

入社してみての印象

想像以上に挑戦できるフィールドがかなり大きかったです。
挑戦したいことを相談すると「やってみたらいいじゃん」とすごく背中を押してくれる人や環境があって、人数的にも先輩があまりいない分、色々なフィールドに行けるというのはあるかもしれません。後輩たちも様々なフィールドで活躍しているなと思いますね。

また、チャレンジしたいことをチャレンジできる会社ですね。
会社なので上司・先輩からの指示もあります。その中でも下から上に意見が言えたり、受け入れてくれる姿勢でいてくれるのはとてもありがたいです。
自由度が高いですよね。チャレンジできて意見も言えますし、風通しがいいです。

仕事内容について教えてください

お客様が使うWEBシステムの開発をしています。
基本的に本社勤務で、お客様と直接お話しをして、ヒアリング・提案から納品まで行っています。社内で開発が主な業務なのですが、色々ですね。

午前中に秋葉原でお客様への説明会をして、帰社後に開発をして…という日もあります。それとは逆に、午前中に開発をして、午後からお客様先へ行って説明会を行うといった場合もあります。
山手線が通っていますし、線が多くてアクセスがいいのでお客様先へ行くのも楽なんですよ。池袋の駅前、北口出てすぐ見えるくらい近いところに事務所があるのですが、「すごいところにありますね!」と会話のネタになったりもしますね。

やりがいは何ですか?うれしかったエピソードを教えてください。

お客様のお悩みに対してプログラミングで解決して納品した際に「ありがとうございます」「すごく使い勝手がいいです」など言われたときにやりがいを感じます。
お客様とメールのやり取りも多いのですが、ビジネスメールにも関わらずお客様からビックリマークたくさんで届いたんですよ。「ありがとうございます!!」って。本当に喜んでくれているんだなと。とても嬉しかったですね。

入社してからプログラミングを学んだので、1から勉強したことも大変でしたが、ある程度できるようになった頃に、お客様が望んでいることを「頭でわかっていてもプログラミングで書き出せない」というのが大変でした。
今でもですがプログラミングにあたって試行錯誤しなければならないというのが、大変だと思います。ただその分、出来上がったときも嬉しいですし、お客様が喜んでくれたらより嬉しいんです。

今後の目標は?

社内の中では立ち位置的に、前に出て発言することが多いのですが、一歩引いて全体を見渡せる、その中でより良くできることを改善できる人になりたいです。

西中 怜さんのプライベート公開

友人と遊びに行ったり、家で料理をしたりして過ごしています。
調理器具を池袋に見に行ったり、帰りに普段買わないような魚を買ってさばいてみたり。
休みの日でも仕事の事を考えてしまうので、そうやって、敢えてメリハリをつけるようにしています。ちゃんと頭を休めないと、週明けに疲れちゃって仕事の効率が下がるかなと思うので、できるだけ休日はしっかりと休むようにしています。

キュービックソリューションズ 採用コンテンツ